◆各ページへのご案内

屋根の雑学

屋根の形状

会社概要

企業理念

絆(リンクページ)

採用情報

外部パートナー募集

アクセスマップ

03-6662-9768

屋根各部の名称

屋根の性能

屋根の葺替え時期

屋根瓦のカタログ

──NEWS──

平成28年4月

九州地方で被災されている方々へのお見舞いを申し上げます。

 

平成26年2月

おうちの新築または、リフォーム・屋根の改修をご検討の皆様に、大弘がお薦めする屋根材をより解りやすく、紹介動画にてアップさせていただきました。

 

平成25年7月

当社で取り扱いのできるリフォーム商品の紹介ページをUPしました。また、今年の春~初夏に行った仕事を追加更新しました。是非ご覧ください。

ソーラーパネル

UP!!

トップページ屋根の雑学 ソーラーパネル

シリコン半導体などに光が当たると電気が発生する現象を利用し、太陽の光エネルギーを電気に変換する発電方式です。ソーラー発電とも呼ばれています。

今、なぜ太陽光発電なのか・・・

今、温暖化により環境の悪化が懸念されています。要因は、化石燃料の大量消費でCO2の大量放出。平均気温の上昇による「異常気象の多発・生態系の混乱・低地の浸水」などが考えられるからです。 太陽光発電ならご家庭で環境保全に貢献できます。

 

発電には燃料がいらず、操作不要。メンテナンスも容易です。

太陽光があればどこでも設置OK。

太陽電池は高耐久で長寿命です。

太陽光発電

住宅用太陽光発電システム構成

住宅用太陽光発電システムは、太陽電池(PV)により発電した直流をパワーコンディショナに通すことで家庭で使える交流に変換し、屋内分電盤によって各電気機器へ電力を供給します。また、太陽光発電システムは電力会社の電線とつながっており、発電電力が消費電力を超えた場合は電力会社へ送電(逆潮流)し、電力を売ることができます。夜間など発電電力が不足する場合は、今まで通り電力会社の電気を使います。これを系統連係型太陽光発電システムといい、電気のやりとりは自動的に行われます。

 

太陽光発電でつくられた電気は家庭で使えるようにパワーコンディショナに送られます。太陽電池モジュールを構成する太陽電池セルアルミ枠・ガラスなどは経年変化の少ない材料であり、長期使用が可能です。モジュール全体として期待寿命は20~30年です。

 

一般家庭の屋根の面積(30㎡~40㎡)で太陽光発電でつくられる一日の電気量は、晴天時なら概ね3,000w~4,000wシステムが標準的なシステムです。では一般家庭で使用される電気量はどのくらいなのか?こちらも概ねの目安で使用機種によって異なりますが、日中でエアコン2台、32型液晶TV1台、掃除機、冷蔵庫、洗濯機、照明を使えるくらいの電気量です。(約2,800W)

太陽光発電システムの優遇制度

住宅用太陽光発電システムの設置に対して、いま行政から手厚い支援が受けられます。 設置時には補助金が給付され、発電した電力は従来の2倍の価格で電力会社が買い取るように なっています。太陽光発電システムにはいま追い風が吹いていると言えます。

 

システム設置の時期がポイント【売電価格2倍化の現状と今後】

 

2009年11月1日よりスタートした太陽光発電の固定価格買取制度により、電力の買取価格が大幅に引き上げられました。

 

また、太陽光発電システムの住宅への導入を推進するため、国・都道 府県・市町村がそれぞれに費用の補助を行っています。しかも、 賢く申請すれば最大で3つの補助金を得ることが可能なのです。

申請される年度により、制度が更新されますので、詳細は下記のホームページにてご確認ください。

 

J-PEC 太陽光発電普及拡大センター

 

 

ここでは、太陽光発電システム導入のメリットと大弘が採用しているキャッチ工法についてをメインにご紹介していきます。

太陽光発電システム導入時の注意点

メーカー純正の取付工法

これまで太陽光発電について良い面だけをお伝えしてきましたが、システム導入後に他業者では営業時の説明不足などからトラブルとなった事例もあるようです。

 

まずは、日中発電した電気を貯めておくことはできません。蓄電池・バッテリーなどは高価な上、寿命が短いので現在のシステムでは使ったり、売ったりした方がコスト的に良いとされています。従って、発電量が足りない時と夜間は電力会社から電気を購入することとなります。

 

次に、震災時などの災害時、被害の規模にもよりますが、太陽光発電のシステムが破損することがなく、さらに日射があれば発電しますので、1,500w(15A)分までの電気が使用できます。ただ、注意していただきたいのですが、住宅用太陽光発電システムは充電ができません。ですから停電中の夜間は、やはり電気は使えなくなります。あくまでも昼間の非常用としてお考えください。自動運転の時は、例え日中停電になったとしても電気を使用することはできません。 パワーコンディショナには「連系運転」(自動運転)と「自立運転」の二種類の運転モードがあり、停電時にはボタンを押して「自立運転」モードへの切り替えが必要です。 また「自立運転」には停電時専用の「非常用コンセント」が必要となります。

 

また、ソーラーパネルメーカーの純正工法では、パネルを固定する際にボルト等を差し込むため屋根に穴を開けることになり、経年劣化により雨漏りしてしまうという事例がありました。

屋根のプロフェッショナルである大弘では、屋根に穴を開けること無くパネルを設置する株式会社セキノ興産様のキャッチ工法を採用し、施工後の雨漏り問題をクリアしています。

 

キャッチ工法によるソーラーパネル施工例を見る

キャッチ工法による取付

Copyright © Oohiro co. All rights reserved.

| サイトポリシー